渋谷La.mama

MAGAZINE

10/ 06 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.22
ーNABOWAとLa.mamaー

La.mamaは2022年5月で40周年を迎えた。名前の通り、いつのまにか多くのアーティストや関係者にとって、普段意識せずとも心の片隅で安心をもたらしてくれる“母”のような存在だ。〈La.mamaリアルタイムクロニクル〉では「La.mamaで過ぎた時間を振り返り、未来に積み上げていくための特集企画」と称して、アーティスト総勢40組あまりに話を聞いた。中には当時La.mamaで対バンしていたアーティスト同士もいれば、同じステージに立ってみたかった憧れのバンドまで、この場所で生まれた様々な関係性が見える。花が咲き、散っては葉となりまた花が咲く大木のように、今日も休まず文化が芽生え続けているLa.mamaの未来をこれからも臨みたい。だからここで過去を振り返り、その年輪を捉えておこう。記事は12月まで随時更新予定。vol.22ではNABOWAの山本啓(Vn)が登場。(text:柴田真希)

 

NABOWAは2012年の5月12日、La.mamaの30周年の時に『PLAY VOL.2』で出演されていましたね。今では110回以上開催されている、La.mamaの看板イベントです。

山本啓(以下:山本):あの日はミラクルが起きました。OAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)とNATSUMENのお二組と対バンでしたが、打ち上げでOAUのTOSHI-LOWさんと喋っている中で「歌の曲を作るなら俺に歌わせろよ〜」と仰っていただいたんです。「言質とったど〜!」ということで、後日正式にオファーさせていただきました。それで出来たのが、2017年にリリースした“夢の欠片”です。今でもイベントでご一緒する度に歌っていただいてます。

 

 

コラボレーションのきっかけとなったイベントだったんですね!

山本:この一連の流れは私の音楽人生の中でも3本の指に入るような出来事で、あのイベントが無ければこんなことはあり得なかったと思います。普通にファンだったので、ご本人を前に演奏できたこと、同じステージに立てたことにもすごく感動しました。この40年でこういった奇跡が色んな音楽家に沢山起こったんだろうなあ、と想像すると、なんだか不思議な力が宿っているんじゃないかと思います。La.mamaは、歴史もあり、独特な雰囲気があるように感じます。

 

中央にはありがたい柱もありますしね。

山本:そのライブの時、MCでTOSHI-LOWさんが「あの柱、何とかなんねえのかよもう21世紀だぞ」と言ってめっちゃウケてたのを10年経った今でもよく覚えてます。

 

(笑)あの柱はよくMCで触れられている印象があります。

山本:コロナ禍で浜端ヨウヘイ君と配信ライブをやった時に、「ああ、柱、何とかなったなあ。配信だし。」と、壮大なタイム感でオチがついたなあと、実は一人でちょっとだけ感動しておりました。これからも奇跡が起こる場所として、長く、永く、続いていくことを願っております。40周年、本当におめでとうございます。

 

河野太輔(La.mamaブッキングマネージャー)より

山本さん、素敵なコメントをありがとうございます。すっかりご無沙汰しており、すみません。僕のNABOWAとの出会いはバウンディ(現スペースシャワー)から毎月送られてくる新譜案内書でした。当時は新譜案内書を見てブッキングをしていたりしました。SOFTのプレスリリースが載っていて、Myspaceか何かで聴いて「いいな!」と思い、番下さん(bud music)に連絡しました。その頃(2011年くらいだったかな?)はまだ白盤(サンプルCD)のやり取りをしている頃で、番下さんがSOFTと一緒にNABOWAのサンプルCDも入れて送ってくれました。そのCDを聴いてお誘いしたのが経緯です。(SOFTではなくNOBOWAを誘ったという…)
柱は毎度のことなんですが、その日の転換をどうやったかが思い出せません。私のブッキング史上『転換エグいランキング』ぶっちぎりのNo.1の日です。今だったら現場のことやイベントの流れを考えると組まないです…。若気の至りが生み出した奇跡ということにしておいてください(笑)。

 

NABOWA

YU KAWAKAMI(Dr / Pf), KANADE KAGEYAMA(Gt), HIRAKU YAMAMOTO(Vn), ITARU HORIKAWA(Ba)

京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド
国内外大型フェスへの出演や、近年は、台湾3都市ツアー、香港ワンマンを行うなどライブアクトとしてアジアでも高い評価を獲得している。
2021年6月に2年ぶり7枚目のフルアルバム『Fantasia』をリリース。

http://www.nabowa.com

12/ 31 SAT NIGHT

La.mama 40th Anniversary Final 『CONNECT-22▷23』

butterfly inthe stomach ← COUNTDOWN!!
MINAMIS / ユレニワ / ヨイズ / 鈴木青

02/ 26 SUN NIGHT

U-19 『PLAY VOL.117』

THE NOVEMBERS / KOTORI

01/ 24 TUE

U-19 『Wordplay vol.128』

宍戸翼(The Cheserasera) / 村上蔵馬 / 南雲健太(MINAMIS)

01/ 25 WED

U-19 『PLAY VOL.118』

LEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一] / Luby Sparks

12/ 14 WED

『日々 vol.2』

Lingua Franca / puleflor / soccer. / The Over Sensation

12/ 15 THU

『sprout』

岩瀬賢明(とけた電球) / こうのいけはるか(WALTZMORE) / 前海修弥(いつかのネモフィラ)

02/ 02 THU

おかしなふたり

奇妙礼太郎 × Sundayカミデ

01/ 08 SUN NIGHT

定期公演「エロス vol.18-ラバーズ編 -」

ユレニワ / THE 2

12/ 12 MON

『periwinkle』

荒巻勇仁 / UEBO / クラシナショウ(GOOD BYE APRIL)

12/ 08 THU

定期公演「エロス vol.17 -ラバーズ編 -」

ユレニワ / Khaki

02/ 08 WED

『エロス -ラバーズ編- vol.15』振替公演

ユレニワ / Ivy to Fraudulent Game

12/ 20 TUE

U-19 『PLAY VOL.116』

LITE / KOTORI

01/ 31 TUE

U-19 『Wordplay vol.127』

daisuke katayama / Murakami Keisuke

01/ 13 FRI

U-19『Wordplay vol.126』

奇妙礼太郎 / 秋山璃月

12/ 26 MON

SOLD OUT!!!

U-19『PLAY VOL.107』振替公演

bonobos / Bialystocks

12/ 30 FRI

JUN SKY WALKER(S) Special Tour 2022 トゥギャザーしようぜ!

JUN SKY WALKER(S)

01/ 26 THU

U-19 『Wordplay vol.124』

寺尾紗穂 / 下津光史(踊ってばかりの国)

12/ 06 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.45
ー​​downyとLa.mamaー

12/ 06 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.46
ー安部コウセイとLa.mamaー

12/ 01 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.43
ー​​TRICERATOPSとLa.mamaー

12/ 01 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.44
ーbutterfly inthe stomachとLa.mamaー

05/ 11 WED

INTERVIEW

音叉点──音楽と●●の交差点 La.mama・河野太輔 対談企画 
第十一回ゲスト : negura campgroundオーナー・渡部竜矢

12/ 07 WED

新規スタッフ募集!

01/ 11 TUE

『10代無料』始めます

11/ 24 TUE

mouse on the keysのライブ映像、第3弾を公開

08/ 03 MON

はたの樹三【渋谷ラママ代表】エッセイブログを開設!

06/ 26 FRI

小山田壮平のライブ映像を公開

06/ 16 TUE

LEARNERS ライブ映像を公開

SCHEDULE / MAGAZINE

search