渋谷La.mama

MAGAZINE

11/ 22 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.40
ーmol-74とLa.mamaー

La.mamaは2022年5月で40周年を迎えた。名前の通り、いつのまにか多くのアーティストや関係者にとって、普段意識せずとも心の片隅で安心をもたらしてくれる“母”のような存在だ。〈La.mamaリアルタイムクロニクル〉では「La.mamaで過ぎた時間を振り返り、未来に積み上げていくための特集企画」と称して、アーティスト総勢40組あまりに話を聞いた。中には当時La.mamaで対バンしていたアーティスト同士もいれば、同じステージに立ってみたかった憧れのバンドまで、この場所で生まれた様々な関係性が見える。花が咲き、散っては葉となりまた花が咲く大木のように、今日も休まず文化が芽生え続けているLa.mamaの未来をこれからも臨みたい。だからここで過去を振り返り、その年輪を捉えておこう。記事は12月まで随時更新予定。vol.40ではmol-74の武市和希(Vo / Gt / Key)が登場。(text:柴田真希)

 

2018年1月24日にLa.mamaと共同企画もされていますね。

武市和希(以下:武市):当時、リスペクトする女性アーティストさんをお呼びする自主企画『v』を不定期で開催していて、この日はヒグチアイさんをお迎えしての開催でした。

 

 

面白い企画名ですね。

武市:「v」は音楽記号の「ブレス」に由来していて、”会場に来てくれた方を落ち着かせるような楽曲”をというコンセプトでセットリストを組んでいたんです。今回その日のセットリストを遡ってみたのですが、スタンディングにもかかわらず、今の自分たちでは考えないような眠くなりそうな楽曲の連続でした。「お客さん、しんどくなかったかな……」と今更心配になっています。

 

(笑)武市さんがLa.mamaで最初に思い出すことは何ですか。

武市:2015年の春先、深夜に行ったゲネが印象深いです。ライブハウスで“ゲネ”をやるのが初めてで、普段は行かない時間帯に機材を入れて、当時お世話になっていたPAさんと深夜まで音を詰めたことが新鮮でした。

 

初めて出演されたときのことは覚えていますか?

武市:覚えています!打ち上げでブッキングの河野さんに「武道館で演るには、色々足りない」と喝を入れてもらいました。情けないことに未だに色々足りてないので、また喝を入れていただきたいです。

 

この記事も読んでいると思います。

武市:またLa.mamaさんでライブをさせていただきたいです!改めてまして、この度は40周年おめでとうございます。今回大切な思い出を再確認できました。これからもよろしくお願いします!

 

 

河野太輔(La.mamaブッキングマネージャー)より

武市くん、ご無沙汰しています。mol-74の活動はいつもSNSでチェックしております。
私も今回いろいろと遡って聴いてみたのですが、“グレイッシュ”が一番好きです。良い意味で未完成で、抑えることのできない衝動に溢れています。mol-74の音楽を聴いていると「美しさとは何か」を考えます。これからも自分たちの信じる音楽の方へ突き進んでいってほしいです。音楽への探求がやまない限り、mol-74は美しくなっていくと思います。

 

mol-74

2010年に武市(Vo / Gt / Key)、井上(Gt)、坂東(Dr)の3名で京都にて結成。
2017年より髙橋(Ba)が加入し現在の4人体制になる。自主制作でのアルバムリリース後、インディーズで計5枚のミニアルバムをリリース。 日常にある身近な感情を武市の透き通るようなファルセット・ヴォイスを軸に、北欧ポストロックを思わせる繊細な音作りで注目を集める。
2019年4月3日に初のフルアルバム『mol-74』でメジャーデビュー。6月に行われたワンマンツアー『Morning Is Coming』のファイナル公演、東京マイナビBLITZ赤坂をソールドアウトするなど着実にステージを上げている。
2021年1月からはTVアニメ『BORUTO-ボルト-NARUTONEXTGENERATIONS』のエンディングテーマを担当。10月からはTVアニメ『ブルーピリオド』のエンディングテーマを担当。https://mol-74.jp/

07/ 02 SUN NIGHT

SLOWTIME TOKYO

おかしな二人(奇妙礼太郎×Sundayカミデ) / 蔡忠浩 / 浜田一平 / ナギラアツシ / アツムワンダフル(ワンダフルボーイズ) / 楠野 遼(futures) / 明神ナオ(PARIS on the City!) / ひろたうた / ゴルゴス(チャンポンタウン)
FOOD : スパイスカリー大陸

06/ 09 FRI

U-19 『日々 vol.4』

tricot / bacho

04/ 25 TUE

『periwinkle』

Salmon Pink / sangdei / GAMBS / reina

04/ 26 WED

U-19Wordplay vol.134

井上竜馬(SHE’S) / 竹縄航太 / 上野皓平・松原有志(The Songbards)

04/ 23 SUN

KERA還暦イヤーLIVE#2「有頂天 ワンマンライブ」

有頂天

04/ 30 SUN

KERA還暦イヤーLIVE#3「KERA&Broken Flowers 初ワンマンライブ」

KERA&Broken Flowers KERA(Vo.)、田渕ひさ子(G.)、かわいしのぶ(B.)、ハラナツコ(Sax.etc.)、杉山ケイティ(Key.)、REIKO(Ds.)

04/ 29 SAT NIGHT

『かたち』

the Brave Deer / アイワナビィ / migs (岡山) / aoni / [food] 波味餃子 / [作品展示] 石田愛莉  and more…

06/ 02 FRI

U-19 PLAY VOL.123

Analogfish / トリプルファイヤー

04/ 02 SUN

「PANTA応援イベントP-FES2」

頭脳警察X(VO 仲野茂) / ZUNOMONO / 石塚俊明×みやすこんぶ(宮田岳 樋口素之助 竹内理恵) / 石塚俊明×おおくぼけい / ※ゲスト予定有り

05/ 10 WED

U-19La.mama 41st Birthday 『PLAY VOL.116』振替公演

LITE / KOTORI

03/ 29 WED

『periwinkle』

Chapman / luvis / Monthly Mu & New Caledonia / asobi

03/ 30 THU

『日々 vol.3』

ayutthaya / Bearwear / RAY / rem time rem time

04/ 07 FRI

U-19 MINAMIS PRESENTS 『CHABASHIRA FIGHT CLUB VOL.31』

MINAMIS / Dear Chambers
O.A) AZA

04/ 21 FRI

U-19 Wordplay vol.133

冬にわかれて[寺尾紗穂(vo,p),伊賀航(ba),あだち麗三郎(ds,sax)] / mei ehara (バンドセットでの出演となります)

04/ 20 THU

U-19 PLAY VOL.122

浪漫革命 / グソクムズ

04/ 12 WED

U-19 Wordplay vol.132

谷川正憲 (UNCHAIN) / HIROSHI (FIVE NEW OLD)

05/ 20 SAT DAY

3rd Full Album『An Instrumental』release tour 2023 “A TOUR”

mudy on the 昨晩

01/ 13 FRI

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクル
La.mamaで過ぎた時間を振り返り、未来に積み上げていくための特集企画

12/ 27 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.53
ーTHE YELLOW MONKEYとLa.mamaー

12/ 22 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.50
ーあいみょんとLa.mamaー

05/ 11 WED

INTERVIEW

音叉点──音楽と●●の交差点 La.mama・河野太輔 対談企画 
第十一回ゲスト : negura campgroundオーナー・渡部竜矢

01/ 11 TUE

『10代無料』始めます

11/ 24 TUE

mouse on the keysのライブ映像、第3弾を公開

08/ 03 MON

はたの樹三【渋谷ラママ代表】エッセイブログを開設!

06/ 26 FRI

小山田壮平のライブ映像を公開

06/ 16 TUE

LEARNERS ライブ映像を公開

SCHEDULE / MAGAZINE

search