渋谷La.mama

MAGAZINE

11/ 03 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.38
ー浜端ヨウヘイとLa.mamaー

La.mamaは2022年5月で40周年を迎えた。名前の通り、いつのまにか多くのアーティストや関係者にとって、普段意識せずとも心の片隅で安心をもたらしてくれる“母”のような存在だ。〈La.mamaリアルタイムクロニクル〉では「La.mamaで過ぎた時間を振り返り、未来に積み上げていくための特集企画」と称して、アーティスト総勢40組あまりに話を聞いた。中には当時La.mamaで対バンしていたアーティスト同士もいれば、同じステージに立ってみたかった憧れのバンドまで、この場所で生まれた様々な関係性が見える。花が咲き、散っては葉となりまた花が咲く大木のように、今日も休まず文化が芽生え続けているLa.mamaの未来をこれからも臨みたい。だからここで過去を振り返り、その年輪を捉えておこう。記事は12月まで随時更新予定。vol.38では浜端ヨウヘイが登場。(text:柴田真希)

 

8月20日に村上佳佑さんとの対バン『Wordplay vol.117』でLa.mamaに出演されたばかりですね。

浜端ヨウヘイ(以下:浜端):いつも素敵なご縁をありがとうございます。La.mamaで共演したアーティストとは不思議なくらい縁が続くんですよね。仲良くなって、お互いのライブに誘い誘われ、一緒にツアーに行く仲になり……。7月にもツアーのゲストで出てもらった須澤紀信くんもそうで、2019年8月の『Wordplay vol.73』が初共演だったんです。そういう相手と会う時は、決まってLa.mamaの話をしています。

 

どんな話ですか?

浜端:楽屋がスゴイ、など(笑)。リハーサルを終えて、自分の本番を待つ時間に、見知らぬ男性が入ってきて何かをゴソゴソと物色した後に、サッと出ていくんですよ。

 

なかなか衝撃的ですね。

浜端:後で聞きましたが、おそらくLa.mamaのはたの社長、とのことです(笑)。

 

そういったこともあり、共演者との交流も生まれやすいのでしょうか……。この写真に一緒に映っているのは、D.W.ニコルズのわたなべだいすけさんですね!いつ撮影されたものでしょうか?

 

浜端:2022年5月4日の『Wordplay vol.108』でニコルズ(D.W.ニコルズ)と対バンした日に撮ったものです。ニコルズとはずーっと対バンしたかったので、始まる前からすごくウキウキしていたんですけど、ニコルズのピースフルな歌を聴いたら、涙が出て……コロナ禍に入ってから初めて以前のライブの雰囲気が垣間見えた気がして、こみ上げるものがあったんですよね。共演者同士でわちゃわちゃするのも久しぶりだったし、ライブの素晴らしさ、有り難みをヒシヒシと感じた忘れられない夜でした。それも相まって、本番後の写真撮影会が、本番と同じくらいに白熱しました(笑)。

 

おすそ分け、ありがとうございます(笑)。 La.mamaのブッキングイベントだけでなく、ご自身の主催公演もLa.mamaで開催されたりしていますね。これからもLa.mamaから色んな縁を繋げられていくことを楽しみにしています。

浜端:La.mamaでの出会いが音楽キャリアに作用しているので、ここに出演することは、自分自身のキャリアについて思い返す機会になっています。「僕が生まれる前から、La.mamaはLa.mamaだったんだ」と思うと、背筋がしゃんと伸びます。40年の歴史の中に、ほんの少しでも混ぜていただけたことが、心から嬉しいです。50年、60年とまだまだ歴史を続けていってください。そしてそこにまた僕も、何かしら関わりたいと思っております。40周年、本当におめでとうございます!

 

河野太輔(La.mamaブッキングマネージャー)より

浜端さん、素敵なコメントをありがとうございます。浜端さんとは誕生日が一緒で、歳も一つ違いで親近感が湧いています。
先日のライブで演奏された“まあだだよ”が素晴らしかったです。浜端さんの歌は歳を重ねる度に成熟されていき、説得力を増してきているように思います。フルアルバムも楽しみにしております。

 

浜端ヨウヘイ

2013年、山崎まさよし全国ツアーのオープニングアクト抜擢をきっかけにオフィスオーガスタに所属。2019年1月、ライブ活動を通じて出会った寺岡呼人をプロデューサーに迎えたシングル『カーテンコール』で満を持してメジャーデビューを飾る。2020年3月にはアコーディオン奏者・桑山哲也とのタッグでKis-My-Ft2に“種”を提供。同年8月には寺岡呼人プロデュース『世界にひとつの僕のカレー』を配信リリースする傍ら、セルフプロデュース作「ROUGH SKETCH -HOMEMADE EDITION-」をYouTubeに公開。
2022年5月より、全国24箇所を各エリアごとに異なる共演者と巡る対バンツアー『浜端ヨウヘイ TOUR 2022 “MEET UP WITH”』を開催。
9月21日には待望のメジャー1stフルアルバム『Things Change』をリリースする。
2022年現在、ラジオレギュラーを4番組担当。身長192cm。年間400食を数えるほどの無類のカレー好き。https://www.office-augusta.com/yohei/

 

 

12/ 31 SAT NIGHT

La.mama 40th Anniversary Final 『CONNECT-22▷23』

butterfly inthe stomach ← COUNTDOWN!!
MINAMIS / ユレニワ / ヨイズ / 鈴木青

02/ 26 SUN NIGHT

U-19 『PLAY VOL.117』

THE NOVEMBERS / KOTORI

01/ 24 TUE

U-19 『Wordplay vol.128』

宍戸翼(The Cheserasera) / 村上蔵馬 / 南雲健太(MINAMIS)

01/ 25 WED

U-19 『PLAY VOL.118』

LEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一] / Luby Sparks

12/ 14 WED

『日々 vol.2』

Lingua Franca / puleflor / soccer. / The Over Sensation

12/ 15 THU

『sprout』

岩瀬賢明(とけた電球) / こうのいけはるか(WALTZMORE) / 前海修弥(いつかのネモフィラ)

02/ 02 THU

おかしなふたり

奇妙礼太郎 × Sundayカミデ

01/ 08 SUN NIGHT

定期公演「エロス vol.18-ラバーズ編 -」

ユレニワ / THE 2

12/ 12 MON

『periwinkle』

荒巻勇仁 / UEBO / クラシナショウ(GOOD BYE APRIL)

12/ 08 THU

定期公演「エロス vol.17 -ラバーズ編 -」

ユレニワ / Khaki

02/ 08 WED

『エロス -ラバーズ編- vol.15』振替公演

ユレニワ / Ivy to Fraudulent Game

12/ 20 TUE

U-19 『PLAY VOL.116』

LITE / KOTORI

01/ 31 TUE

U-19 『Wordplay vol.127』

daisuke katayama / Murakami Keisuke

01/ 13 FRI

U-19『Wordplay vol.126』

奇妙礼太郎 / 秋山璃月

12/ 26 MON

SOLD OUT!!!

U-19『PLAY VOL.107』振替公演

bonobos / Bialystocks

12/ 30 FRI

JUN SKY WALKER(S) Special Tour 2022 トゥギャザーしようぜ!

JUN SKY WALKER(S)

01/ 26 THU

U-19 『Wordplay vol.124』

寺尾紗穂 / 下津光史(踊ってばかりの国)

12/ 06 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.45
ー​​downyとLa.mamaー

12/ 06 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.46
ー安部コウセイとLa.mamaー

12/ 01 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.43
ー​​TRICERATOPSとLa.mamaー

12/ 01 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.44
ーbutterfly inthe stomachとLa.mamaー

05/ 11 WED

INTERVIEW

音叉点──音楽と●●の交差点 La.mama・河野太輔 対談企画 
第十一回ゲスト : negura campgroundオーナー・渡部竜矢

12/ 07 WED

新規スタッフ募集!

01/ 11 TUE

『10代無料』始めます

11/ 24 TUE

mouse on the keysのライブ映像、第3弾を公開

08/ 03 MON

はたの樹三【渋谷ラママ代表】エッセイブログを開設!

06/ 26 FRI

小山田壮平のライブ映像を公開

06/ 16 TUE

LEARNERS ライブ映像を公開

SCHEDULE / MAGAZINE

search