渋谷La.mama

MAGAZINE

07/ 28 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクル vol.2
ーTHE NOVEMBERSとLa.mamaー

La.mamaは2022年5月で40周年を迎えた。名前の通り、いつのまにか多くのアーティストや関係者にとって、普段意識せずとも心の片隅で安心をもたらしてくれる“母”のような存在だ。〈La.mamaリアルタイムクロニクル〉では「La.mamaで過ぎた時間を振り返り、未来に積み上げていくための特集企画」と称して、アーティスト総勢40組あまりに話を聞いた。中には当時La.mamaで対バンしていたアーティスト同士もいれば、同じステージに立ってみたかった憧れのバンドまで、この場所で生まれた様々な関係性が見える。花が咲き、散っては葉となりまた花が咲く大木のように、今日も休まず文化が芽生え続けているLa.mamaの未来をこれからも臨みたい。だからここで過去を振り返り、その年輪を捉えておこう。vol.2ではTHE NOVEMBERSの小林祐介が登場。(text:柴田真希)

 

THE NOVEMBERSはこれまでにLa.mamaの主催イベントに何度も登場されていますね。2015年にはmouse on the keysと対バン、35周年の2017年にはGOATBEDと対バン、昨年は延期になってしまいましたがカネコアヤノさんとの対バンも予定されていました。

小林:いつも意味と価値のある刺激的なパーティを企画してくれるので感謝しています。2019年9月12日にはFRICTIONと対バンしたのですが、オファーが来た時「ついにこの日が来た」と興奮しました。当日も勿論最高でした。

小林さんにとって、La.mamaといえば思い出すことは何でしょうか。

小林:スピッツのことを思い出します。初期の彼らがここに出演していたんだ、とLa.mamaに来るたびに思います。

憧れのバンドと同じステージに立つことができるのは、夢がありますね!スピッツのコピーバンドイベントも行われていたりします。

小林:ささやかな繋がりにきらきらした夢を見られるのは、La.mamaがずっとそこに在り続けてくれるからです。そして今夜も渋谷の坂の途中に在り続けてくれて、夜を照らしてくれてありがとうございます。タフな時代、歴史のあるライブハウスやクラブがその歴史に幕を下ろすニュースを見聞きするたびに鉛を飲み込んだようなやり場のない重い気持ちになります。「あの夜があったおかげで今日自分はやれている」「今夜みたいな日があるから明日も頑張れる」そんな人が数えきれないほどLa.mamaの看板をくぐってきたと思います。La.mama、40周年おめでとうございます。

 

河野太輔(La.mamaブッキングマネージャー)より

小林さん、ありがとうございます。THE NOVEMBERSの音楽に対する姿勢と愛にとても惹かれています。音楽に対する愛情に導かれるような感覚でイベントのアイデアが浮かんできます。少しご無沙汰してしまっているのでまたやりたいですね。カネコアヤノさんとの対バンも、いつか必ずやりましょうね。

 

THE NOVEMBERS(ザ・ノーベンバーズ)

2005年結成のオルタナティブロックバンド。2007年にUK PROJECTより1st EP「THE NOVEMBERS」でデビュー。2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げる。2015年10月には土屋昌巳をプロデュースに迎え、5th EP「Elegance」をリリース。結成11周年の2016年はBoris,Klan Aileen,MONO,ROTH BART BARON,ART-SCHOOL,polly,Burgh,acid android,石野卓球,The Birthday等を自主企画「首」に迎える。2016年9月に6枚目のアルバム「Hallelujah」をMAGNIPH/HOSTESSからの日本人第一弾作品としてリリース。11周年の11月11日新木場スタジオコーストワンマン公演を実施し過去最高の動員を記録。2017年FUJI ROCK FESTIVAL WHITE STAGE出演。2018年2月には、イギリスの伝説的シューゲイザー・バンドRIDEの日本ツアーのサポート・アクトを務め、同年5月、新作EP『TODAY』をリリース。
https://the-novembers.com/

 

小林祐介(Vo/Gt)

4人組オルタナティブロックバンドTHE NOVEMBERSのフロントマン。2007年UK.PROJECTよりデビュー。2013年に自らのレーベルMERZ(メルツ)を立ち上げ、コンスタントに作品をリリース。FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVALなどをはじめ数々の国内大型フェスへ出演。RIDE、Television、Spiritualized、Sonic Boom、Mystery Jetsなど海外アーティストとも多数共演。
2021年BOOM BOOM SATELLITES中野雅之と共にTHE SPELLBOUNDとしても活動を開始する。

12/ 31 SAT NIGHT

La.mama 40th Anniversary Final 『CONNECT-22▷23』

butterfly inthe stomach ← COUNTDOWN!!
MINAMIS / ユレニワ / ヨイズ / 鈴木青

02/ 26 SUN NIGHT

U-19 『PLAY VOL.117』

THE NOVEMBERS / KOTORI

01/ 24 TUE

U-19 『Wordplay vol.128』

宍戸翼(The Cheserasera) / 村上蔵馬 / 南雲健太(MINAMIS)

01/ 25 WED

U-19 『PLAY VOL.118』

LEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一] / Luby Sparks

12/ 14 WED

『日々 vol.2』

Lingua Franca / puleflor / soccer. / The Over Sensation

12/ 15 THU

『sprout』

岩瀬賢明(とけた電球) / こうのいけはるか(WALTZMORE) / 前海修弥(いつかのネモフィラ)

02/ 02 THU

おかしなふたり

奇妙礼太郎 × Sundayカミデ

01/ 08 SUN NIGHT

定期公演「エロス vol.18-ラバーズ編 -」

ユレニワ / THE 2

12/ 12 MON

『periwinkle』

荒巻勇仁 / UEBO / クラシナショウ(GOOD BYE APRIL)

12/ 08 THU

定期公演「エロス vol.17 -ラバーズ編 -」

ユレニワ / Khaki

02/ 08 WED

『エロス -ラバーズ編- vol.15』振替公演

ユレニワ / Ivy to Fraudulent Game

12/ 20 TUE

U-19 『PLAY VOL.116』

LITE / KOTORI

01/ 31 TUE

U-19 『Wordplay vol.127』

daisuke katayama / Murakami Keisuke

01/ 13 FRI

U-19『Wordplay vol.126』

奇妙礼太郎 / 秋山璃月

12/ 26 MON

SOLD OUT!!!

U-19『PLAY VOL.107』振替公演

bonobos / Bialystocks

12/ 06 TUE

『この高鳴りをずっとやるツアー』

忘れらんねえよ

12/ 30 FRI

JUN SKY WALKER(S) Special Tour 2022 トゥギャザーしようぜ!

JUN SKY WALKER(S)

01/ 26 THU

U-19 『Wordplay vol.124』

寺尾紗穂 / 下津光史(踊ってばかりの国)

12/ 06 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.45
ー​​downyとLa.mamaー

12/ 06 TUE

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.46
ー安部コウセイとLa.mamaー

12/ 01 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.43
ー​​TRICERATOPSとLa.mamaー

12/ 01 THU

INTERVIEW

La.mamaリアルタイムクロニクルvol.44
ーbutterfly inthe stomachとLa.mamaー

05/ 11 WED

INTERVIEW

音叉点──音楽と●●の交差点 La.mama・河野太輔 対談企画 
第十一回ゲスト : negura campgroundオーナー・渡部竜矢

12/ 06 TUE

新規スタッフ募集!

01/ 11 TUE

『10代無料』始めます

11/ 24 TUE

mouse on the keysのライブ映像、第3弾を公開

08/ 03 MON

はたの樹三【渋谷ラママ代表】エッセイブログを開設!

06/ 26 FRI

小山田壮平のライブ映像を公開

06/ 16 TUE

LEARNERS ライブ映像を公開

SCHEDULE / MAGAZINE

search