渋谷La.mama

MAGAZINE

10/ 07 WED

BLOG

MY DEAR FRIEND

2020年10月6日、今年になって初のCHABASHIRA FIGHT CLUBを行った。

CFCはMINAMISが主催しているイベント。今回は盟友のBREIMENを迎えて開催された。
BREIMENとMINAMISのメンバーは古くからの付き合いで、その辺りは先日行ったSPICEの対談で語っているのでご一読いただきたい。
http://spice.eplus.jp/articles/276564

BREIMENの話はよくMINAMISのメンバーから聞いていて、音源も昔から聞いていたのだが、ライブを見るのはこの日が初めて。
先日の対談で祥太とカツシロとは話をさせてもらっていたので、2人がどんな演奏をするのかとても楽しみだった。
ステージに上がってからも自然体で、普段と何も変わらない。でも、探求してきたことや大事にしているものが確実に音に出ている。身体にすーっと入ってくるのはそういうことだろう。

BREIMENがアツアツにしてくれたフロアを更にMINAMISが高揚させる。
彼らと過ごしたこの2ヶ月間は特に濃厚で、いろんな出来事があったのだが、何日か前から不思議とこの日に向かっているような気がしていた。相も変わらず最高なライブだった。

フロアを見渡すといろんな人たちがいた。
久しぶりに会う友だちや、久しぶりにライブハウスに来てくれたお客さん、いつも見る顔の人たち。音楽やライブハウスが繋いでくれた人たちもいるだろう。みんな愛おしい。

なんかあったらライブハウスに来るといい。好きなアーティストのライブを見るといい。音楽に気持ちを重ねて、ライブで悶々としたものを爆発させたらいい。
普段出せない感情もライブハウスだったら思いっきり出していいし、何より共有できる、受け止めてくれる仲間がいる。

Lie on the nightで祥太が重ねたアイや、アンコールのギターセッションも良かった。
友だちっていいな。音楽って最高だな。

La.mama 河野

SCHEDULE / MAGAZINE

search